/

この記事は会員限定です

水素社会、地産地消の視点で

東京都市大准教授 伊東明美氏

[有料会員限定]

地球温暖化の防止へ水素を利用する研究が活発になっている。水素は燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さず、自動車や発電などの燃料に使う研究が注目されている。東京都市大学の伊東明美准教授は「普及には地域の特性を生かし、地産地消の視点が重要」と話す。

福島県で自動車販売会社の福島トヨペット(郡山市)と組み水素発電の実証実験を進めている。森林から出る廃材や間伐材をペレットにし、高温で水素や窒素などを含む混合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン