円、111円台に急落 9カ月ぶり 米景気の堅調映す

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

円相場が急落している。19日のニューヨーク外国為替市場で、一時1ドル=111円59銭と2019年5月以来9カ月ぶりの円安水準をつけた。米景気の底堅さや新型肺炎による経済への影響が限定的との見方からドル買いが進んだ。20日の東京市場でも円安・ドル高の基調が続いている。日経平均株価は大幅続伸し、上げ幅は400円を超える場面もあった。

20日午前の東京外国為替市場は一時111円30銭をつけ、19日より…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]