〈FT特約〉党首・首相の分離、党内不満 メルケル独首相に早期退陣論

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

メルケル独首相は任期満了となる2021年秋に退任する意向だ。だが、同氏が所属する最大与党キリスト教民主同盟(CDU)内では早期退陣論が出ている。同党は近く次期党首の選出手続きに入るが、このままでは新党首は長年の首相と「共存」するという厄介な状況になるからだ。

問題の根源は、18年のメルケル氏による大胆な実験にある。党内での不満の高まりを受け、メルケル氏は党首を辞任したものの首相職にはとどまった。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]