李明博元大統領 懲役17年 ソウル高裁判決、再び拘束

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】実質的に所有する企業からの横領やサムスングループからの収賄罪などに問われた韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領の控訴審で、ソウル高裁は19日、懲役17年、罰金130億ウォン(約12億円)を言い渡した。李被告は2019年3月に保釈されたが、実刑判決を受け再び拘束された。

聯合ニュースが報じた。

判決では李被告が実質的に所有する自動車部品メーカー「ダース」に裏金づくりを指示し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]