/

この記事は会員限定です

三菱重工に会計リスク

「スペースジェット」損失拡大 繰り延べ税金資産積み増し

[有料会員限定]

三菱重工業が新たな会計上の火種を抱えている。開発中のジェット旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」の損失拡大で2020年3月期の税引き前損益は100億円の赤字になる。繰り延べ税金資産を積み増し最終黒字を見込むが、この資産は収益力が低下すれば取り崩す必要があり、将来のリスク要因になる。

三菱重工は20年3月期に繰り延べ税金資産を1780億円積み増すことを決めた。税法上では税務上の損失が発生すると、将来見通せる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン