/

この記事は会員限定です

宇都宮で宅地開発急増

郊外 緩和条例廃止で駆け込み

[有料会員限定]

宇都宮市郊外で都市計画法の規制緩和を利用した宅地開発が急増している。農地の虫食い的な開発を止めたい市が3月末で緩和条例を完全に廃止するのを前に、地権者が駆け込みで許可申請に動いているためだ。市は中心市街地と郊外の集落を公共交通で結ぶ「ネットワーク型コンパクトシティ」の形成を掲げる。今後は市街地集約に向けた政策の巧拙が問われる。

宇都宮市は市全域を開発を進める市街化区域と、開発を抑制する市街化調整区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン