ふじみ野市、緑内障検査費を助成 46・56歳の市民が対象

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

埼玉県ふじみ野市は2020年度、緑内障の早期発見を促す眼科検診を始める。20年度中に46歳、56歳になる市民が対象で、通常1万円以上かかる8項目の検査費用を自己負担1000円で受けられるよう助成する。緑内障は自覚症状がないまま進行することが多いとされ、検診を受けやすい環境を整えて早期の治療につなげる。

20年度当初予算案に検診助成費を計上した。約3600人が対象となる見通しで、希望者は6~11月…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]