米運用の老舗、競合を買収
業界再編、フランクリンが基盤強化

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米資産運用業界に再編の波が押し寄せている。業界大手の米フランクリン・リソーシズは18日、同業レッグ・メイソンの買収を決めた。低コストの指数連動型商品の普及で顧客から徴収する手数料率が低下しているほか、IT(情報技術)関連の投資がかさんでいる。手数料が得にくくなっているのは世界の運用業界に共通しており、日本でも再編圧力が強まる可能性がある。

フランクリンはレッグ・メイソンを45億ドル(約4900億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]