銘柄診断JFE、7年3カ月ぶり安値 需要低迷長期化に懸念

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

19日の東京株式市場でJFEホールディングス株が8営業日続落し、前日比3%(34円)安の1140円とこの日の安値で引けた。2012年11月以来、約7年3カ月ぶりの安値水準となった。世界景気の減速で鋼材の需要低迷が長引くとの見方が強まっているのが売り材料だ。新型肺炎の広がりも新たな懸念材料として意識されている。

野村証券は18日、JFEの目標株価を1250円と従来の1390円から引き下げた。鋼材の…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]