スクランブル超弱気派の日本株買い
「世界株バブル」崩壊の保険

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型肺炎の感染拡大にアジアの株式市場が揺れ、欧米勢の日本株を見る目は厳しくなっている。そんな中、ある超弱気派の投資家が日本株を世界株運用の主軸に据えている。いわゆる「バフェットの指標」でみて今の世界株はバブルと見極め、資金の退避先として日本企業を選んでいるという。逆張りの発想には、相場急落にしたたかに備えるヒントが潜んでいる。

保有55銘柄の10銘柄を日本株が占め、日本株比率は約18%と市場平均…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]