米ウォルマート、店舗がデータ収集拠点に 数千のカメラで購買追跡

2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋そら】米小売り最大手ウォルマートが店舗のデジタル対応を加速する。18日発表した2019年11月~20年1月期の売上高は前年同期比2%増と好調を維持。同社の大型店舗はこれまでネット通販の勢いに押され「負の遺産」と見られがちだったが、商品の受け取りなどネットと消費者との接点として機能し始めた。ウォルマートはデジタル化による運営の効率化に加え、店舗が生む情報そのものまで収益源に育て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]