真相深層ご都合主義のビールシェア消失
アサヒ、販売量公表取りやめ

2020/2/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アサヒビールが2020年から販売量の公表をやめた。これで30年近く続いたビールのシェアが分からなくなった。アサヒ、キリンビール、サントリービール、サッポロビールの4社で争ってきた業界だが、トップを巡るアサヒとキリンの暗闘の果ての結末と言える。商品を選ぶ基準でもあったシェアの消失は消費者も混乱させる。

「意味がない」

「不毛なシェア競争を続ける意味がない」。昨年12月、アサヒグループホールディングス…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]