昭和電工、次世代HDD向けメディア

2020/2/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

昭和電工はハードディスク駆動装置(HDD)の記録容量を増加させる次世代技術「熱アシスト磁気記録(HAMR)」に対応したハードディスク(HD)メディアを開発した。次世代高速通信規格の5Gでは、データの通信容量が大幅に増えることから、HDDも大容量化が求められる。同社は新たなHDメディアで5G需要を取り込む。

HAMRはレーザ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]