/

この記事は会員限定です

ワシントンの桜祭り 日本国際問題研究所理事長 佐々江賢一郎

[有料会員限定]

桜の季節がやってきた。米国から帰国してしばらく時がたったが、日本で桜を見るとワシントンDCでの全米桜祭りについて格別の思いがこみ上げてくる。なぜなら、それは長年にわたる日米友好の象徴的行事であるのみならず、個人的にも心と体がピンク色に染まるほどの体験であるからだ。

開会式、全米各州を代表する若き桜プリンセスの多くの行事、伝統的な灯籠火入れ式、大勢の人でごった返す街頭フェスティバル、盛大なパレードな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン