/

この記事は会員限定です

東京マラソン、規模縮小に「がっかり」

返金なし、困惑の声

[有料会員限定]

3月1日に行われる東京マラソンが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で一般ランナー抜きで行われる。「がっかり」「仕方がない」。参加予定者らは理解を示しつつも、大会の規約に基づいて参加料を返金しないという主催者側の方針に困惑の声も上がる。大会を共催する東京都は経済的な補償の検討に着手した。(1面参照

主催者の東京マラソン財団などよると、今年の大会は車いすの部を含め招待選手らエリートランナー約200人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン