埼玉県信金と民都機構 ファンドで中心街活性化
岩槻など5地域に1.2億円 空き店舗活用や歴史的建物保全

2020/2/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

埼玉県信用金庫(埼玉県熊谷市)は、中心市街地活性化を目指す「さいしん まちづくりファンド」を設立する。民間都市開発推進機構(民都機構)と共同で総額1億2000万円を出資し、さいたま市岩槻区など県内5地域を対象に投資。空き店舗を活用したまちづくりや歴史的建造物の保全を進め、地域の価値向上を目指す。

出資対象として選定したのは岩槻区のほか、越谷市、草加市、川越市、小川町の3市1町。運用期間は2040…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]