/

この記事は会員限定です

(社説)荒っぽい国会の審議を憂う

[有料会員限定]

「ヤジは議会の華」ともいわれるが、権力を持つ側が野党の質問権を否定するかのような発言をしては国会審議が成り立たない。安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、野党議員の質問後に発した自らのヤジを謝罪した。

きっかけは12日の衆院予算委のやりとりだ。立憲民主党の辻元清美幹事長代行が森友・加計両学園や首相主催の「桜を見る会」などの疑惑を列挙して「鯛(たい)は頭から腐る。ここまで来たら頭を代えるしかない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン