/

この記事は会員限定です

授業にVR 学びを後押し

空間図形「分かった」 会話の仕方も練習

[有料会員限定]

学校の授業で仮想現実(VR)技術を取り入れる動きが広がり始めた。物や図形を立体的に表現する機能が子どもの理解を促す効果があるという。日常生活から現実ではあり得ない場面まで様々な状況を再現可能で、障害のある子が学ぶ特別支援学校でも、子どもの特性に合わせたきめ細かい教育ができるとして導入が進んでいる。

「図形をつかんで手前に引いたり回転させたりして、どうしてその断面図になるか、考えてごらん」。教員が呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン