授業にVR 学びを後押し
空間図形「分かった」 会話の仕方も練習

2020/2/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

学校の授業で仮想現実(VR)技術を取り入れる動きが広がり始めた。物や図形を立体的に表現する機能が子どもの理解を促す効果があるという。日常生活から現実ではあり得ない場面まで様々な状況を再現可能で、障害のある子が学ぶ特別支援学校でも、子どもの特性に合わせたきめ細かい教育ができるとして導入が進んでいる。

「図形をつかんで手前に引いたり回転させたりして、どうしてその断面図になるか、考えてごらん」。教員が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]