「ディープフェイク」高まる脅威
詐欺・ポルノ… 犯罪に直結

2020/2/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人工知能(AI)を駆使し、本物そっくりの動画などを作り込む「ディープフェイク」の脅威が増している。技術の進展やツールの普及で作成が容易になり、既にインターネット上には大量の偽動画がまん延。海外では詐欺などの犯罪にもつながり始めた。今後、日本でも被害やトラブル拡大の恐れがある。生体認証が突破される可能性も指摘され、対策が急務だ。

「動画をアップロードするだけ」「誰でも簡単に作成できます」。ネット上…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]