新型肺炎、専門外来800カ所
新型インフル並み体制 国内患者急増に備え

2020/2/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、国内の感染者が増えるなか、政府は対策の重点を水際の封じ込めから医療体制の整備に移す。感染の疑いのある人を診察する専門外来は2009年の新型インフルエンザ(きょうのことば)並みの800カ所に拡充する。重症者向けの病床の確保も急ぎ、感染者の急増に備える。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]