選球眼 浜田昭八ぼやき、超鉄人こその説得力

2020/2/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

野村克也さんが亡くなってから、各紙にあふれた追悼記事と自分のメモ帳、スクラップを改めて読み返した。本コラムでも「困ったときはノムさんもの」で切り抜けてきた。悪口も書いたが、あの"ボヤキ節"は本当に取材欲をそそった。

謙譲こそ美徳で育った同世代の人間としてマネができないのは、その自己顕示ぶりだ。誤解を恐れず言わせていただければ、ボヤキの中身はほとんど"自慢話"。照れもせずに独演ペースで貫く姿勢は欧…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]