/

この記事は会員限定です

老朽設備 AI・IoTで再生

製鉄・製油・化学 稼働40年超 JFE、5Gでデータ収集

[有料会員限定]

老朽化が進む国内の重厚長大産業の設備で、デジタル投資により生産性を向上させる動きが広がってきた。JFEスチールは2022年度までに主要生産拠点であらゆるモノがネットにつながる「IoT」対応などに約400億円を投じる。JXTGエネルギーは人工知能(AI)の自動運転を始める。各社は稼働から40~50年超の設備を抱え、内需が伸びず新設は難しい。各社は能力削減と並行しながら、デジタル投資で国際競争に対応す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン