横浜で消防局職員感染 クルーズ船客の搬送関与

2020/2/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

横浜市は15日、新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗っていた感染者の病院搬送に携わった30歳代の男性の消防局職員が同ウイルスに感染していたと発表した。

市によると、男性は10日午後にクルーズ船の感染者を医療機関に搬送する作業に付き添った。搬送中は防護服を着用していた。

10日夜に38度以上の発熱があり、11~13日は仕事を休んだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]