痕跡残さぬサイバー攻撃「ファイルレス型」急増  三菱電機が被害 従来ソフトで検知困難

2020/2/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サイバー攻撃の一種で、パソコンのディスクに不正プログラムが残らない「ファイルレス攻撃」が増えている。三菱電機を襲った攻撃もこのタイプで、防衛省関連の情報が流出した可能性がある。従来のウイルス対策ソフトウエアでは検出が難しく、企業を揺さぶっている。

外部から操作されているかもしれない――。三菱電機の社員が異変に気づいたのは、2019年6月28日だった。国内拠点でのことで、パソコンの基本ソフト「ウィ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]