少子化対策も充実 千葉市 「不育症」検査費に助成

2020/2/15付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

千葉市は2020年度予算で、妊娠しながら流産を繰り返す「不育症」検査費を助成することを決めた。不妊症対策も拡充するほか、妊娠・出産した女性に対応する相談員も増員する。少子化対策に力を入れることで、女性が安心して子どもをもうけることができる環境を整備する。

不育症の検査費助成に500万円を充てた。市によると、不育症は保険適用外の治療が必要な場合も多く、経済的な負担が大きくなる傾向がある…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]