米国と戦後東アジア秩序 高橋慶吉著 ソ連の防波堤はどの国か

2020/2/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

いまの日米安全保障条約が締結されて60年を迎え、日米同盟の軌跡をたどる著作が相次ぐ。本書もそのひとつだが、日米安保体制を所与のものとする類書とは視点が異なる。米国は日本を最初から冷戦下におけるアジアの拠点と考えていたわけではないことを、埋もれていた公文書などから解き明かした。

第2次世界大戦が終わると、米国は日本が再び暴挙に出ないように徹底的に無力化する方向に動いた。朝鮮戦争の勃発に伴い、「逆コ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]