地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題 川瀬宏明著 単純ではない将来の豪雪予測

2020/2/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

この冬は暖冬傾向で、1月は雪不足で稼働できないスキー場も多かった。温暖化が進めば気温が上がるので、雪はますます減って雨が増えると思いたくなる。ところが、地域によってはそう単純ではないようだ。

気象研究所で、温暖化が日本の降水に及ぼす影響などを調べている著者らの最新研究によると、確かにひと冬に降る雪の総量は全国的に減る。しかし、北海道や北陸の山沿いでは「ドカ雪」と呼ばれるまれな大雪の量が増える。気…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]