/

この記事は会員限定です

(文化往来)100年後の学問 東大教授らが議論

[有料会員限定]

22世紀には学問や大学はどんな姿に変わっているのか? 東京大学先端科学技術研究センターの池内恵教授(アラブ研究)と京都大学大学院法学研究科の待鳥聡史教授(比較政治・アメリカ政治)が1月24日、東京・目黒の東大駒場キャンパスで対談した。

「かつては文学全集や百科事典を読み込むといった『ガリ勉』が重視されたが、全集や事典はデジタル化された今、そこにいかに早くアクセスできるかが問われている。それに伴い、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン