/

この記事は会員限定です

裁判外手続き、浸透急ぐ

[有料会員限定]

裁判にかかる費用や時間などの負担は重い。トラブルが起きても泣き寝入りする人が多く、日本では少数の国民しか司法サービスを利用できていない「2割司法」という課題が指摘されてきた。

裁判より簡潔に紛争を解決する方法としては裁判外紛争解決手続き(ADR)がある。2007年に法律が施行され、専門知識を持つ第三者が関わる仕組みを整えた。認証された民間のADR機関は各地の弁護士会や司法書士会を中心に全国に約15...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン