日本語教師に国家資格 20年度以降に創設 在留外国人増、教育の質を確保

2020/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

外国人らに日本語を教える国家資格「公認日本語教師」(仮称)が2020年度以降に創設される見通しとなった。国の文化審議会の小委員会が14日にも報告書案をまとめる。日本語教育能力の試験に合格し、教育実習を履修することなどが資格の登録要件となる。

文化庁は制度の詳細を今後検討し、早ければ20年度に関連法を成立させたい考え。日本で暮らす外国人が増えるなか、日本語教師の質や社会的地位を高め、教育内容の充実…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]