旭化成、水処理LED 欧米・中国で販売 深紫外線で殺菌

2020/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

旭化成は殺菌効果がある深紫外線発光ダイオード(LED)を使った事業を拡大する。業務用給水器の水処理向けに深紫外線LEDを組み込んだ新装置を開発し、今春から欧米や中国で販売を始める。水処理で需要を開拓し、病院内の医療機器の殺菌などに用途を広げる狙いだ。深紫外線LED関連事業の売り上げを現在の年間数億円から5年後には100億円規模に拡大する。

深紫外線LEDは中心波長が265ナノ(ナノは10億分の1…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]