井関農機、中国でICT機 肥料自動調整・直進アシスト

2020/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

井関農機は中国でICT(情報通信技術)農機を展開する。土壌の状態に応じて肥料の量などを調整する「可変施肥」などの先端機能を持つ田植え機を中国北部で試験的に販売し、2021年にも本格展開する。中国では東風汽車グループとの合弁会社で農機を手掛けてきたが、価格競争が激しいため、先端技術で差別化を狙う。

まず、今年3月から先端機能を備えた田植え機50台程度を黒竜江省などで試験販売する。センサーを使って土…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]