特許ウォーズ(2) 中国、「BAT」軸にAI急伸
出願数、米を逆転

2020/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人工知能(AI)は人々にとってもはや特別な存在ではない。スマートフォンやネット通販など生活に身近な多くの分野で使われている。研究のステージは、精度を高め新規領域に応用を広げる方向に向く。自動運転や医療、物流、教育など新たな分野で先行しようと、世界の企業や研究機関が資金と人材を投じる。

日本経済新聞と知的財産データベースのアスタミューゼ(東京・千代田)がAIに関連した特許を分析した。2019年10…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]