中部電、トリドールと連携 「丸亀製麺」の省エネ支援 電気使用量3割減少、ゆで釜自動調整 機器開発

2020/2/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

中部電力は讃岐うどん店「丸亀製麺」の省エネ支援に乗り出した。チェーンを運営するトリドールホールディングスと共同で、うどんのゆで釜の水温や差し湯を自動調整する機器を開発し、一部店舗に導入した。電気使用量が3割減るなど効果は高く、トリドールは今後、設置店舗を増やしていく方針だ。

中部電、トリドール、業務用厨房機器のニチワ電機(東京・中央)の3社で共同開発した。

開発したゆで釜は事前に設定した運転プロ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]