フリーター・ニート就労へ助成、55歳未満に拡大 厚労省、お試し雇用で
 

2020/2/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省はフリーターなど不安定な雇用にあるミドル層の就労支援を拡大する。これまで45歳未満としていた助成対象年齢を55歳未満に引き上げ、2019年度中にも申請を受け付け始める。現在30歳代半ばから40歳代半ばの就職氷河期世代の正社員化を後押しするのに加え、健康なうちは働き続けたい人が増えていることに対応する。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]