/

この記事は会員限定です

帳簿に表れない価値 中堅企業を評価

52%でPBR上昇、ネットサービス目立つ

[有料会員限定]

上場中堅企業の独自ノウハウや技術などに対する株式市場の評価が高まっている。日本経済新聞社が売上高100億円以下の「NEXT1000」を対象に2019年末までの3年間のPBR(株価純資産倍率)変化幅を調べたところ、52%の企業で上昇した。上場企業全体の45%を上回る。上位には得意分野に絞ったネットサービスを手掛ける企業などが入った。(関連記事をNEXT1000面に

PBRは株式時価総額を純資産で割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン