/

この記事は会員限定です

米国発の第三者承継法 中小、後任見極めやすく

[有料会員限定]

サーチファンドは企業経営者を目指す若手人材と後継者不在の中小企業をつなぐ事業承継手法のひとつで、米国で開発され広がった。投資家は企業ではなく若手人材にまず投資し、若手人材が自ら引き継ぎたいと思う企業を探し出し、事業承継によって企業価値を高めるという投資モデルだ。

投資家から見込まれた若手人材(サーチャー)は特別目的会社の形でサーチファンドを設立し、受け入れた資金を経費にして引き継ぐ企業を探す。企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン