県内空き家率、全国平均上回る

2020/2/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

人口減少に伴い、新潟県内の空き家は年々増加傾向にある。2018年の総務省住宅・土地統計調査によると県内の空き家数は14万6200戸と、この20年でほぼ倍増。空き家率は14.7%と全国平均を1.1ポイント上回った。自治体別(町村を除く)でみると佐渡市が24.9%と唯一、20%を超えている。

15年の「空家等対策の推進に関する特別措置法」の施行により、県や各自治体も空き家対策に乗り出している。県によ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]