/

この記事は会員限定です

米民主第2戦ニューハンプシャー州 経済格差・薬物解決訴え

左派サンダース氏優勢

[有料会員限定]

【ロチェスター(米ニューハンプシャー州)=河浪武史】米民主党の大統領選候補争いは、11日の東部ニューハンプシャー州の予備選で第2戦を迎える。同州は建国13州の一つで、今でも売上税や所得税はゼロと「自由経済」を貫く。ただ、支持率首位は大増税案のバーニー・サンダース上院議員だ。背景には格差拡大や薬物横行など、全米を覆う深刻な「アメリカン・ドリーム」の衰えがある。

ニューハンプシャー州の予備選は指名争い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン