ライフサポート認知症 家族の負担軽く
アプリ使い不明者捜索/悩み共有できるカフェ

2020/2/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

認知症患者を抱える家族の負担を軽減するサービスが広がっている。徘徊(はいかい)などが社会問題化し、常に目を離せない家族の苦労は計り知れない。最近はIT(情報技術)を活用した早期発見のサービスが相次ぎ登場しているほか、大手カフェチェーンと連携し、家族のストレス軽減などに動き出した自治体もある。

「交番には年間186億円の現金が届けられ、7割が本人に戻る。日本人の助け合う力を生かし、迷子の認知症の人…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]