/

この記事は会員限定です

中国企業、厳戒下で再開

入り口で体温検査・在宅勤務 新型肺炎で半月ぶり

[有料会員限定]

【上海=松田直樹、広州=比奈田悠佑】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中国で10日、一部地域の企業が半月ぶりに営業を再開した。ただオフィス街では出勤する人々の姿が少なく、本格操業に時間のかかる工場も多い。中国当局は企業の再稼働を認めつつも感染の拡大を警戒しており、経済活動の本格的な再開にはなお時間がかかりそうだ。(関連記事総合面、社会2面に)

10日朝、上海市中心部の目抜き通り南京西路周...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン