/

この記事は会員限定です

歌手 串田アキラ(1)

デビュー当時の衣装

[有料会員限定]

「からっぽの青春」「しあわせの限界」。1969年にデビューした僕が当時歌っていた曲は暗い。

スティーヴィー・ワンダーの「太陽のあたる場所」もカバーしたが、原曲は「夢に向かって走り続ける」という希望の歌詞のはずなのに、僕のバージョンは歌い出しから「疲れはてた」で始まる。写真では笑顔を見せない。衣装も重苦しい雰囲気と、暗めで売る戦略は徹底していた。

デビュー前、リズム&ブルースをやっていた。レコード会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン