千葉銀は実質業務純益減 4~12月、県内地銀決算そろう 3行とも利息収益伸び悩む

2020/2/8付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

千葉県の地方銀行3行の2019年4~12月期決算が7日、出そろった。本業のもうけを示す単体の実質業務純益は前年同期比で、千葉銀行が減益、京葉銀行と千葉興業銀行は増益となった。3行とも貸出金残高は堅調に増やしているものの、長引く低金利環境下で貸出金利息収益は伸び悩む。保険や投信など預かり資産の販売も苦戦を強いられて、各行は法人関連に力を入れ、手数料収入の確保に動いている。

千葉銀行が7日発表した決…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]