/

この記事は会員限定です

重複投薬 解消促す

特許切れ薬 値下げ早く

[有料会員限定]

処方薬を巡る負担やサービスも変わる。薬剤師の業務の対価として調剤薬局が受け取る報酬を見直し、重複投薬の解消に取り組んだ場合に報酬を上乗せする仕組みを新たに設ける。

複数の医療機関を受診している患者は、同じ効果の薬を2カ所以上から処方されることがある。6種類以上の薬を処方されている患者の要望に応じて重複投薬を確認し、処方医に解消を提案すれば報酬に1000円を上乗せする。

この場合、窓口負担割合が原則...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン