/

この記事は会員限定です

生命進化の物理法則 チャールズ・コケル著

生物が持つ驚くべき単純性

[有料会員限定]

現代科学は高度な専門分化に支えられている。だが、本書の著者で宇宙生物学者のチャールズ・コケルは、分野と分野の狭間にある領域こそ興味深いという。既成の概念では捉えられない刺激的な発見があるからだ。

我々の常識では、単なる物質と生命の宿った生物とはまったく異なる存在である。学問分類においても、モノを扱う物理学と生命を扱う生物学とでは別分野となっている。物理学者が物質の単純性と統一性を強調する一方で、生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン