/

この記事は会員限定です

「家庭料理」という戦場 久保明教著

作って食べて「暮らし」を再考

[有料会員限定]

家庭料理を通じて、「暮らし」という分析しがたいものを再考しようとする一冊だ。文化人類学者である著者は、3つの時代に区分してその変遷をたどる。

始まりは1960~70年代。スーパーで買った食材に手を加えて作る「正しい」家庭料理が確立した。加工食品が普及して「手抜き」が可能になったからこそ、「手作り」に付加価値が生まれたと説く。

続く80~90年代を、著者は2人の料理研究家、小林カツ代と栗原はるみに着...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン