FCA、欧州工場停止も
新型肺炎、中国の部品供給滞る 昨年2%減収

2020/2/7付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【フランクフルト=深尾幸生】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、新型肺炎の影響で中国からの部品供給が滞りつつあり、今後欧州での自動車生産を停止する可能性があることが6日わかった。生産が止まれば中国国外では韓国・現代自動車に続く動きとなる。仏グループPSAとの経営統合を決めたFCAにとって思わぬ逆風だ。(1面参照

英フィナンシャル・タイムズ(FT)がマイケル・マ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]