/

この記事は会員限定です

新型肺炎、収束に時間 感染者「武漢7.5万人超も」

致死率「1%未満の見方」

[有料会員限定]

中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染者数が5日で約2万5千人に達した。症状が出ていない潜伏期間中に人から人へ感染した可能性があるとの報告があり、致死率は高くないものの一層の感染拡大が懸念される。一方、感染の広がり方が2009年に流行した新型インフルエンザに似ているとの指摘もある。(関連記事総合2政治国際面、社会2面に

厚生労働省は5日、横浜沖に停泊し検疫を受けてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン