/

この記事は会員限定です

米大統領の一般教書演説要旨

米中は革新的合意結んだ/南部国境の壁さらに高く

[有料会員限定]

トランプ米大統領が4日夜(日本時間5日午前)に行った一般教書演説の要旨は以下の通り。

経済政策

3年前、我々は偉大な米国の復活に向けた取り組みに着手した。その素晴らしい成果を皆と共有したい。雇用は拡大し、所得は増え、貧困は激減し、犯罪も減り、国民の自信が高まった。米国は繁栄し、再び尊敬される国になった。何年にもわたった経済の衰退は終わった。わが国が利用されることも過去のものとなった。

私が大統領になってから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2890文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン