/

この記事は会員限定です

ラオックス、中国に日本酒100種輸出

販売網生かす

[有料会員限定]

中国家電量販店大手の蘇寧易購集団傘下のラオックスは、日本酒を中国へ輸出する事業を4月に始める。現地の小売店に卸したい製造会社を募り、同社が仲介してグループの食品スーパーなどに入れる。計100種類をそろえ、蘇寧易購のネット通販でも販売する計画。日本酒は海外でも知名度が高い一方、中国でのシェアは低く成長余地が大きいと判断した。

蘇寧易購は2019年6月に仏スーパー大手カルフールの中国事業を買収し、同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン